お問い合わせ
previous arrow
next arrow
Slider

りゅうはい堂通信6月号

 

今月の特集 GWあけても寒い!

5月末に30度近い気温になり戦々恐々としておりましたが、
湿度が高くなかったので楽でした。
というか、5月寒くないですか?
例年GWが終わるとTシャツ一枚で過ごせる陽気だったと思うんですよね。
それはそれで暑くて大変なんですけどね(;^ω^)
とにかく今年の5月は寒いと思います。
上着が一枚欠かせませんでした。
さて、この時期になるとよく言われる熱中症のことなんですが
5月末の暑い日々で救急搬送されたり、亡くなった方もいらっしゃいました。
それはそれは非常に残念に思います。
だからこそ、これを読んでいる方には熱中症にご注意いただきたいのです!
特に先日の30度近く気温があった際に汗をダラダラかいていた方はマジで注意して下さい。
え?汗ってかいた方がいいのでは??と思われた方、ご注意ください。
先ほども書きましたが『湿度が低かった』これなんです。
真夏に汗がダラダラ出る。
この水は大気中の湿度が高いために、身体の中も湿度が高くなります。
湿度が高くなりすぎるとそれはそれで具合がわるいですから、身体はそれを排出しようとします。
排出するから汗が出るのです。
では、先日の5月末に汗をかいていた方は、その汗はどこからきているのでしょうか?
湿度は40%前後でしたので、真夏に比べたらかなり低い湿度ですよね。
だから汗をかきようがないのです。水がなければ汗もでませんからね。
では、その汗の水はどこから来ているのかというと正解は、飲んだ水分です。
そう、多すぎるのです。熱中症対策で水分を摂れ摂れ聞きますよね。
これ、本当に危ないと思います。
胃腸が冷えれば冷えるほど、身体の表面や、身体の上部は熱くなります。
これこそが熱中症の症状を助長するのです!つづく

健康な日常生活基礎知識

熱中症の症状を考えてみてください。
日本気象協会のサイトによると、
めまい、
顔のほてり、
皮膚の乾燥・赤み、
体温が高い、
吐き気、
汗が止まらない
など、ほかにもあるのですが、これらに共通することがあります。
それはすべて『上の熱』の問題であることです。
顔は身体の上にあります。
皮膚は、身体の深さで言うと上。
吐き気も消化器系の上方向の症状です。
汗も内側から外側、深さで言うと下から上の動きですね。
熱の症状、温度、赤み、乾燥これらは言われれば、
想像に難しくないと思います。
では何でそんなに熱が上に上るのかというと、
下(内側)が冷えているからなんです。
冷やせば冷やすほど、上が熱くなるんです。
だから飲めば飲むほど、冷えますから熱中症に近づいてしまいます。
やみくもに水分を摂ると本当に危険なんです。
自分の内側が冷えているかどうか、
判断する方法はもうご存知ですよね?
膝のお皿と、お腹の胃の部分を触ってみてください。
そこだけ汗をかいていたり、冷えていたら要注意です!

院長のつぶやき

熱中症は本当に危険です。亡くなる方もいらっしゃいます。
だからこそ、気を付けていただきたいのです。
水分を摂らないでとは言いません。
足りないとそれはそれで危険です。
適切な量を摂取する、これが必要なんです。
すべてのことに共通する『いい加減』、
水分の摂取量において、いい加減を知るための方法は『おしっこ』の量と色です。
このりゅうはい堂通信は46号目になりますが、
読み返すと『胃腸の冷え』と『おしっこ』のことしか書いていないように思います(笑)
でもそれだけ大事なことなんです!!
おしっこの色が薄い時、身体は冷えています。
おしっこの量が多い時、水分が多すぎます。
冷えて水分が多くなると、身体は追い炊きをして体温を維持しようとします。
要はエネルギーが余分にかかるわけです。
そうすると、身体のバランスが崩れますから、
いろいろな症状が起こります。
ぜひおしっこのチェックをお願いいたします。
おしっこは嘘をつきません(笑)
そうすると、気が付きませんか?
緑茶やコーヒーを飲むと、おしっこの色は薄くて、
量が増えます。そう、いつものご説明になりますが、
カフェインは身体が冷えます。
だから、熱中症の予防にと炎天下で汗をかきながら冷たい緑茶を飲んでる方、
顔が赤くなっています。
これは熱中症になりかけています。
ノンカフェインで、体温程度の温度のものがよろしいかと思います。
だから『常温の麦茶』が多分一番いいと思います。
スポーツドリンクを飲む方もいますが、飲みすぎてしまいます。
小学生などは水筒に冷たい飲み物を入れてきてと学校から言われるそうですが、
本当にそれで大丈夫かなぁ。
また首を冷やしたり、冷たいシャワーを浴びたりする方もいますが、
問題の本質からすると、対症療法にすぎません。
胃腸が冷えなければ、皮膚や身体上部に熱を帯びることはありません。
外でお仕事する方は、熱いでしょうが、胃腸を守ってあげてくださいね!!

患者様の声

アトピー性皮膚炎がよくなってきて、半そでも怖くないです!
夏は汗でかゆくなることもあるけど、食べ物に注意して過ごします!

今月のプチ情報

この時期になると、日焼け止めの話が毎年出てきます。
市販の日やけ止めは健康にいいわけもなく・・。
オススメなのが、手軽なものでオリーブオイルです。
SPFと呼ばれる数値は『8』!これを高いと思うか低いと思うか。
アボカドオイルなどはSPF15もあるそうです。
小さな健康を積み重ねたいものです。

編集後記

当院がまた移転するかも知れません。
7月に決まります。移転先は・・海外!ではなくまた中区です(笑)
決定次第お伝えしますが、今年移転しなくても
来年には移転することは決まっています。
またどうぞよろしくお願いいたします。