採用情報

龍背堂鍼灸院

電話番号

www.ryuhaido.com

採用情報

現在3名募集しています。(男女問わず)

技術のレベルは
それぞれかと思います

研修期間(3か月)
丁寧に指導いたします。
ただし、自己練習必須です。

勉強も練習もせず
自信がないとか
どうしたら治療ができるかわからないとか
そういった方は指導のしようがありませんのであしからず。

当院勝手なの都合ですが
当院が忙しい時間にお電話してきて
『採用の件で〜』
当院の都合は患者さんのためにあります

なにより患者さんに迷惑だとか考えないのかなと思います
そんな方が果たして患者さんの訴えを理解できるのか

鍼灸業界自体が
『技術さえ良ければ患者さんは来る』
(この来るって言ってるところがポイント)
という妄想からもう何十年も抜け出せていません

技術の伝承も大切かもしれません。
でも、もっと大切なことあるんじゃないかなぁ

勉強会に行けば技術を『知ること』はできるでしょう
習得はまた別のお話
実際に患者さんに行使することもまた別のお話

治療費を頂戴するのも別のお話
ご予約のお電話にでるのも別のお話
患者さんとの会話術も別のお話
鍼灸院を取り巻く法律やその他外的要因も別のお話
技術だけじゃないんだよなぁ

治療って
相手がいることですよね
相手のことを知ることなく
当院は技術に偏重がある治療院ではありませんので
その点をご理解いただいた上で
お読みください

どうしたら『できるようになるのか』
ではなく
どうしたら『その技術をつかわせていただけるのか』
どうしたら『患者さんが1日に何人もおこしになるのか』
どうしたら『こういう状態の患部を変化させられるのか』
どうしたら『継続して改善のお手伝いができるのか』
どうしたら『治療院が長い期間存在できるのか』

『患者さんにはあなたが鍼灸師として大成しようがしまいが関係ありません
もっとも
そんなことすらわからない方は大成できないかもしれないけど』

年間3241件の実績。
患者様おひとりおひとりと向き合って
丁寧に治療ができる環境です。

技術よりも大切なこと それはあなたのこころと気持ちです。

院長が一生懸命に
相手のことだけを考えた結果
つまり治療は一方通行ではダメなんです。
刺絡ができるようになりたい! でも
あなたが
刺絡ができようができまいが
患者さんには関係ありませんよね。
患者さんが何を求めてお越しなのか。
それすらわからない方の応募が多く困っています。
自己満足の治療がしたいだけなら
当院であなたのケツ持ちはできませんので
ご自身で開業なさることをおすすめします

院長挨拶

初めまして!
あなたは新卒の方でしょうか、それとも新しい職場をお探しの方でしょうか。
それとも、他院の関係者様でしょうか。
誰でも結構ですが
質問です。

あなたは駅のホームで電車を待っています。
明日はいよいよご自身の結婚式です。
次の瞬間、おばあさんが線路に転落しているではありませんか。
ホームでは皆見ているだけで誰も救助に動いていません。
そろそろ電車が駅に入ってきます。
あなたならどうしますか。

私なら絶対に飛び込みます。絶対に。
目の前にいる方のこと放っておけないんです。
自分のことなんてどうだっていい。
目の前にいる人を見過ごしにして後悔するなら
身を投げ出したい。

当院で一番大切にしていることはなにかご存知でしょうか。
『がっぷりよつ』
患者さんとがっぷりよつを組んで向き合うこと。
鍼灸院ってホントにいろんな方が、いろんなモノをお持ちになりお越しになります。

相手のこころに触れる

そんなときに
テクニック通りに配穴したって効果は出ません。
『どうしようどうしよう』ではなく
『この方の為に一生懸命にやるんだ!』

『できない、自分は下手くそだ』ではなく
『もっと患者さんの為にうまくなりたい!』

『自分なんかになにもできない』ではなく
『できることを精一杯やろう!』

さっきのおばあさんの例えは極端かもしれません
でも
目の前に困った方がいるときに
どれだけ相手のことを考えることができるか
どれだけ後先考えずに瞬間的に行動できるか。
いわゆる滅私奉公です。

こんな考えは古いですか?
鍼を刺す、直接灸をする。相手に侵害刺激を与えるわけです。
気軽な気持ちでできますか?だから一生懸命にやるんです。
あなたは鍼をするんじゃないんです、相手のこころに触れるのです。

適当な治療には適当な結果しか訪れません

適当な治療には適当な結果しか訪れません。
人間対人間のがっぷりよつの関係です。苦しいこともあるでしょう。
投げ出したいこともあるでしょう。
逃げたいなら逃げたらいい
でも向き合いたいなら
とことん向き合いましょう。
院長も完璧な人間ではないし、
患者さんも完璧な方でもない
あなたもきっと完璧じゃない。
その瞬間をがむしゃらに生きましょうよ!

かの本田宗一郎さんの言葉に以下があります
『会社のためでなく、自分のために働け』
患者さんの為って結局は自分の為なんですよ
治療はあなたと患者さん以外誰も入り込むスペースはありません。
治療はあなたと患者さんの人生そのものです。当院はソコソコ忙しいけど楽しいですよ。
自分自身と患者さんに向き合って一緒に治療をしてみませんか。

龍背堂で求める人材

当院で求める人材

1、嘘をつかず、ミスをミスと認めて謝罪、発展できる方『恥ずかしくない』
2、自分の権利も大切だけど、感謝できる方『あなたは治療させてもらっている』
3、どうしたら相手が気持ちいいか、考え行動できる方『おもいやり』
4、嫌いな、または苦手なことでもまずは取り組んでみる方『好奇心、向上心』

当院には合わない方

1、体力に自信がない方『元気な施術者に治療してもらいたい』
2、自分はこういう人間だと思い込んでいる方『多種多様な患者様に対応』
3、あなたのちっぽけな物差しでしか計れない方『いろんな価値観がある』
4、自分の権利が最優先で、患者さん・スタッフ関係者をおざなりにする方『自己中心的』
5、言われたことができない方、遅刻する方『最低限の社会人』
6、仕事を楽しめない方『嫌ならやめちまえ』

『体力以外は大丈夫だと思います・・・』
いやいやいや
一応全部クリアしていたらご応募いただければと思います

厳しいことをお伝えするようですが
これらすらできない方は
治療以前に・・・と言った感じです
特殊な刺鍼技術を体得した方!なんて
書いてないですよね

患者さんに『NO』と言われますよ
もう情では採用しません

あなたの人間性が大切です

長くなりましたが、一生懸命に患者さんと
向き合っている治療院です。
治療技術よりもなによりも
あなたの人間性が大切です。

まずは当院にお越しいただきまして、
実際に当院を感じてみてください。

見学で患者さんの肌をさらすことは
患者さんの不利益になりますので
当院をご予約なさってみてはいかがでしょうか
お問い合わせはお問い合わせページからお願いいたします。
その際には

1、出身校、卒業(見込み)年度
2、取得(見込み)免許
3、ご住所
4、生年月日(年齢)
5、ご連絡をさせていただいてご迷惑でないお時間帯、曜日

をお知らせください。こちらからご連絡をさせていただきます。 または、履歴書を直接下記にお送りいただいても結構です。

勤務詳細

【勤務日数】週1日から
【勤務時間】4時間~応相談
雇用保険、労災保険完備 その他完備、交通費支給
【履歴書送付先】 〒231-0014 住所はこの下をご覧ください

住所

横浜市中区常盤町5-69-1
ST馬車道ビル 501号室

アクセス

横浜市営地下鉄関内駅
9番出口より徒歩2分
JR京浜東北線関内駅
北口より徒歩5分
東急電鉄みなとみらい線
馬車道駅から徒歩5分です

受付時間

9:30~22:30
休診日:なし
日曜日:11:00‐21:00
月曜日:11:00‐21:00

カード対応


各種クレジットカードが
ご利用になれます。
クレジットカードのご利用に
ついてはこちら⇒

電話番号